スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    トリートメントをしましょう -1日目-

    2013-02-04
    今回のメダカのトリートメントは、

    寄生虫や不快生物、メンドクサイ菌を持ち込まないため

    一番シンプルな 塩を使う方法 です

    特にイカリムシや、ウオジラミが着くとやっかいなので

    覚えておくとよいと思います





    ---用意する物---

    バケツでも目盛りがあれば大丈夫です


    注 :常にカルキを抜いた水を用いてください





     


    わたしは、エサ用メダカ を購入しましたが、

    慣れない方は 鑑賞用のヒメダカ を買ったほうが、よりベターです

    メダカの水と同じ温度の 0.5%食塩水 をつくります



    塩水濃度を計算して下さる親切なサイトさん → 







    塩は、塩化ナトリウム99%以上の 混ぜ物のないもの を使用します








    注 :ウロコがはがれたりしてケガをするので、網は使わないでください



    動画に出てくる色水になる薬は、

    グリーンFリキッド ( メチレンブルー ) という殺菌剤です



    わたしは、( ショップが最低限のトリートメントのみで売っている )

    エサ用のメダカを買ったので使いましたが、



    観賞用のヒメダカを購入して

    白いモヤが着いていたり、死んでいる魚がいない 場合は使わなくても構いません



    メダカを塩水に移したら、エアレーションをかけて暗い場所で休ませます







    2日目につづきます











    カテゴリ : ガットローディング?? トラックバック:(-) コメント:(0)

    トリートメントをしてみましょう

    2013-02-03



    ちょうど明日、ウパ・カメ用のメダカが届くので

    わたし流のトリートメントと、ストック方法を紹介します

    *常時、ベランダ・バケツ に50~60匹はいるのですが
    冬眠中で痩せていますし、春から繁殖してもらうためにエサにはしません









    まずは、ショップを選びましょう



    わたしは、ヒメダカで、ショップのレベルが解る と思います



    ヒメダカは丈夫で単価が安いので、いい加減な店は、とことん邪道 です



    次に、その店のメダカが元気そうだったら、

    入荷したのはいつか? を聞きましょう



    入荷したのが、1週間以上前のヒメダカがベストです
    ( 入荷の翌日などは、疲れています )








    わたしは、よく通販を利用します



    通販のヒメダカは、運搬に耐えられる体力のある状態 に管理されています

    近所に安心できるショップが無いときは、とても都合が良いのです





    つづきます












    カテゴリ : ガットローディング?? トラックバック:(-) コメント:(0)

    牡蠣ガラのススメ

    2013-01-29


    以前に 購入したワラジムシ ですが、

    カメやウパにとても好評です



    飛び跳ねて逃げることもなく、臭いもありません





    今の時期、わが家では無加温なので繁殖は出来ませんが

    とても丈夫で可愛いです









    赤くなって死んでゆく、、、こともあるらしいですが、



    牡蠣ガラ( 小鳥の餌に使う、ボレー粉 ) を腐葉土に蒔いておけば、

    購入した時点で赤っぽい個体がいても、牡蠣ガラを食べて元にもどります



    たぶん、ミネラルが不足してそうなると思うのです









    牡蠣ガラには、pHの調節から何からお世話になりっぱなしです



    水槽の生き物には、牡蠣ガラですよ~~~








    カテゴリ : ガットローディング?? トラックバック:(-) コメント:(2)

    引越し完了!!

    2013-01-18


    新規立上げの水槽は、アカヒレの稚魚が生まれていたり、

    ヒメタニシの稚貝が増えていたりして、なかなか良い水になってきました



    また、ナイーブな、ピカリの調子も悪くなさそうなので引越ししました







    動画では、黒いネット ( ろ材 ) がありますが

    また別に水槽を一本立上げたので、もう取り出しました





    ディフューザーの強い水流を和らげるために

    アクリル毛糸で葉っぱのモチーフを編んでぶら下げています







    今回も立ち上がるまで、一度も水換えはしませんでした



    これは、経験と感覚によってコントロールするのですが

    (特に硬度が高い水の場合は、途中で水を換えると生体への負担が大きいので)

    計画的に生体を増やしていきました





    この雰囲気で、ピンポンパール水槽もつくろうと考え中です

    ( ろ材や底砂の厚さ、ヒメタニシでの浄化作戦、など )













    カテゴリ : 住まいのアレコレ トラックバック:(-) コメント:(0)

    忙しい水槽作り

    2013-01-10


    わたしがつくる水槽は、

    立ち上がるまでの間が、とても忙しいのです







    上のほうで、水草を育てていたり、
    ( こうしておくと新芽が育ちます )








    水を洗濯機のようにグルグル回しながら、

    さらに、その次に立ち上げる水槽の準備もしています
    ( ろ材を放り込んであるのです )








    整然とした水草水槽つくりを

    すべて作り終わったおせち料理をお重につめる 』 と例えたとしたら、


    晩ご飯の支度をしながら

    明日のお弁当や作り置きのおかずをつくっている 』 様なものです





    だから、とても忙しいのです








    そのうえ、外側の色まで塗り替えます








    わたしワールド全開です


    楽しーーいーーー!!!







    カテゴリ : 住まいのアレコレ トラックバック:(-) コメント:(0)
    << 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。